記事一覧

✓キャッシュフローファイナンス"地方老舗小売店を応援するファンド"解説

ソーシャルレンディング【にほんブログ村】
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

キャッシュフローファイナンスの"地方老舗小売店を応援するファンド"は、小売S社が借りる物件向けの貸付を調べたところ、"オープン記念ファンド"の1~7号の借り換えだとわかりました。

上記ファンドの"概要"をみると、この度、CFFは事業者AH社に対して事業資金として1億3,580万円を融資致しますと書いてあり、1~7号の融資金額の合計と一致します。

オープン記念ファンド1~7号の貸付
ファンド借入期間返済完了融資金額融資合計
オープン記念ファンド1号6ヵ月2017/8/3120,000,000135,800,000
オープン記念ファンド2号20,000,000
オープン記念ファンド3号20,000,000
オープン記念ファンド4号20,000,000
オープン記念ファンド5号20,000,000
オープン記念ファンド6号20,000,000
オープン記念ファンド7号15,800,000

今回、地図が掲載されたことで物件の場所が特定できました。週末びっくり市山形北店と思われます。画像のGoogleマップには載っていませんが、ユニクロ、ヤマダ電機、ニトリも近くに見つかりました。

furusato_toushi3.jpg
※キャッシュフローファイナンスのサイトとGoogleマップをキャプチャーして加工しました。

また、"オープン記念ファンド1号"の"詳細情報"の説明とも一致しました。同じ道路沿いにドラッグストアもイオンもあります。

立地特性・・・対象物件周辺の状況
本物件は山形市北部にある住宅及び店舗が集積する地域で、市内でも住みやすいエリアとして認知されています。そのため、対象物件と同じ道路沿いには、ドラックストア·100円均一·携帯電話ショップ·クリーニング·イオンなど、少し移動するだけで、買い物や用事を済ませることができる地域構成となっております。

"オープン記念ファンド1号"の"詳細情報"には下記のようなことも書いてあります。

不動産担保の評価・・・購入価格の妥当性
対象物件の購入価格は2億6000万円であり、直近1年間の想定収支では、利回り11.13%です。不動産の担保評価は3手法利用しております。

①土地及び建物の現在価値  265,976,206 円

②収益性を重視した取引利回りから算出した現在価値 336,935,651 円

③10年間の定期借家契約を解約した時点までに得られる収益及び土地の価値 372,044,328 円

小売S社が借りる物件向けには"オープン記念ファンド"1~18号(8号欠番)、"ポートフォリオ ファンド"1~5号と"不動産取得資金ローンへの投資③"で合計2億4987万円くらい貸し出されていて、全額運用中です(満額成立しなかったファンドは募集額に達成状況のパーセンテージをかけて計算しました)。

すでに担保の評価額に近い金額が貸し出されていますね。過去のファンドの情報も見ないと貸し出し状況はわかりません。キャッシュフローファイナンスにはファンドの情報を詳しく書いてもらいたいものです。


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【にほんブログ村】

ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

サムライ(PR)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログ内検索

プロフィール

小山 数樹


管理人:小山 数樹

30代男。法学部卒。プログラマで投資家(レンダー)。ソーシャルレンディングで生活。ブログでソーシャルレンディングの魅力を紹介している。
Twitter:@KoyamaKazuki
CAMPFIRE Owners

Rimple(リンプル)

↑ ページ先頭へ ↑