記事一覧

✓SBISLカンボジア技能実習生ローンファンドが出資金余剰で投資されない? 

ソーシャルレンディング【にほんブログ村】
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

SBIソーシャルレンディングからSBISLカンボジア技能実習生ローンファンド(以下、「カンボジア実習生ファンド」)について連絡が来ました。

カンボジア実習生ファンドは、出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社の審査を通過し、融資を受けた借手が大変少なく、投資家のお客様の資金が余剰している状況だそうです。

そのため、ご出資いただいているお客様の出資金に運用益が生じないまま、ロールオーバー(※1)が継続する可能性がございますので、「ロールオーバー発生時のお手続き」及び、「キャンセルのお手続き方法」についてご連絡いたします。

つまり、申し込んでも投資されないまま、SBIソーシャルレンディングに出資金を預けただけの状態が続く可能性があるようです。もちろん、投資されないまま預けた状態になる出資金は7月以降に募集するカンボジア実習生ファンドの出資に回されるようですが。

SBISL_Cambodia1.jpg

6月19日申し込み時点のサイトを保存しておいたので確認してみると、初回は、約500万円(10名)を予定と書いてありますね。

SBISL_Cambodia2.jpg

カンボジア実習生ファンドの募集ページを見ると、募集終了時点で初回融資額の17倍以上の出資金が集まっていることが確認できます。

SBISL_Cambodia3.jpg

7月の募集額を確認してみると、約750万円(16名)とあります。初回の貸付額が約500万円(10名)と書かれていながら実際は541万円だったので、仮に7月以降は初回541万円の1.6倍の865.6万円の募集が続くと仮定して計算してみても、募集終了直前に出資した人はキャンセルしなければ12か月も待たされる計算になります。

SBIソーシャルレンディングは募集期間が終了しなくても、もっと早く募集を終了するべきだったと思います。




関連記事

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【にほんブログ村】

ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

サムライ(PR)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログ内検索

プロフィール

小山 数樹


管理人:小山 数樹

30代男。法学部卒。プログラマで投資家(レンダー)。ソーシャルレンディングで生活。ブログでソーシャルレンディングの魅力を紹介している。
Twitter:@KoyamaKazuki
CAMPFIRE Owners

Rimple(リンプル)

↑ ページ先頭へ ↑