記事一覧

✓sakura117117氏のクラウドクレジットの記事について

ソーシャルレンディング【にほんブログ村】
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

sakura117117氏のブログ『じっせん!ソーシャルレンディングでセミリタイア』が更新されました。"クラウドクレジット(crowdcredit)登録ユーザー5000名&累計出資金額30億円突破、元本割れ遅延リスク高いも人気評判な理由と今後は?"で【クラウドクレジット】が"期待リターンマップ"を公表していることを知りました。運用状況が簡単に確認できるのは良いですね。

2017年5月末時点の期待リターンマップを見ると、個人向けローン·ファンドの不振が目立ちますね。今後【クラウドクレジット】に投資するときは、個人向けは避けたほうが無難のようです。

sakura117117氏の【クラウドクレジット】の記事ですが、人気評判の理由と今後については書いてありません。理由のほうはフォントの大きさと文字色で読み取れということのようですが、今後についてはまったく触れていません。

人気評判の理由の1つ目、最低投資額は1万円については、1万円単位で投資できるのは良いのですが、【クラウドクレジット】の場合、満期に一括で元本と利息が支払われるファンドが多く、毎月分配型のファンドでも最初の6か月は利息が分配されません。

小額から投資できる最大のメリットは、利息を再投資しやすくなることで複利効果が得られやすくなることです。利息を再投資しにくい【クラウドクレジット】では、あまりメリットがありません。小額から投資できる点は評価できますが。

2つ目、銀行への引き出し手数料も月1回まで無料については、ソーシャルレンディング事業者の投資口座と同じ銀行の口座を使えば、3万円以上の振込みでも1回216円に抑えられるので、メリットとして挙げるほどではありません。

3つ目、ファンドの運用状況をオープンな形で公開については、競合他社よりも損失が発生するファンドが多いのに運用状況を公開しなかったら、【クラウドクレジット】に対する投資家の信頼が低下するだけでしょう。公開するのは当たり前です。

結局、他社に比べてメリットと言えるほどことはありませんが、開発途上国に投資するファンドばかりを扱うソーシャルレンディング事業者は他にないので、【クラウドクレジット】は分散投資には使えます。

関連記事

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【にほんブログ村】

ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

サムライ(PR)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログ内検索

プロフィール

小山 数樹


管理人:小山 数樹

30代男。法学部卒。プログラマで投資家(レンダー)。ソーシャルレンディングで生活。ブログでソーシャルレンディングの魅力を紹介している。
Twitter:@KoyamaKazuki
CAMPFIRE Owners

Rimple(リンプル)

↑ ページ先頭へ ↑