記事一覧

✓maneo、10月16日から会員ステータスがブロンズ以上のファンド募集

ソーシャルレンディング【にほんブログ村】
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

10月16日からブロンズ以上のファンド募集、初回判定日13日

maneoが10月16日から会員ステータスがブロンズ以上の人だけが投資できるファンドを募集する予定です。

maneo20171013_1.jpg

会員ステータスの初回判定日は今日10月13日 18:00です。次回からは月末になるようです。10月10日に送られてきたメール"【maneo】新サービス『会員ステータス』導入のお知らせ"に書かれていました。

管理人はmaneoにあまり投資していなかったので、【不動産担保付】9周年記念ローンファンド25号に投資できるように、13日朝にブロンズ以上になるように入金しました。

【不動産担保付】9周年記念ローンファンド25号は利回り8.5%

maneo20171013_2.jpg

【不動産担保付】9周年記念ローンファンド25号案件1のローンファンド詳細を見てみると、8次募集までは年利5.5%で募集していたファンドを年利8.5%で募集するようです。

maneoのヘルプ"会員ステータスについて"を見ると、ブロンズは貸出元本金額と口座残高の合計が100万円以上500万円以下になっています。

クラウドポートニュースによると、maneoの口座開設時に年収200万円以下、金融資産50万円以下と回答すると口座が開けないようなので、多くの人はブロンズ以上の会員ステータスになるのは難しくないでしょう。

しかし、maneoに投資資金を集めることで、他の金融商品や他のソーシャルレンディング事業者のファンドに投資にくくなる人もいるかもしれません。

クラウドバンクは7月に限定ファンドを開始したが…

7月にクラウドバンクが"総資金100万円以上のお客様限定ファンド"を開始しましたが、限定ファンドは81号82号を募集しただけで、その後は募集していません。

クラウドバンクの場合は、利回りもほとんど変わらず、投資家にメリットがなかったために効果がなかったせいなのか、限定ファンドを募集しなくなってしまったようです。

まとめ

maneoの会員ステータスによる制限は、クラウドバンクの限定ファンドと違って利回り高いというメリットがあるので、今後も続くと思われます。

今後予想されることは、会員ステータスが高い人ほど利回りの高いファンドに投資しやすくなったり、同じファンドでも会員ステータスが高い人ほど利回りが高くなるということでしょう。

今のところ、会員ステータスがレギュラーの人に対する配慮も見られますが、投資できるファンド数が減ってしまうのは確かです。レギュラーの人は投資しにくい事業者になってしまうかもしれませんね。

関連記事

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
ソーシャルレンディング【にほんブログ村】

ソーシャルレンディング【人気ブログランキング】

サムライ(PR)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログ内検索

プロフィール

小山 数樹


管理人:小山 数樹

30代男。法学部卒。プログラマで投資家(レンダー)。ソーシャルレンディングで生活。ブログでソーシャルレンディングの魅力を紹介している。
Twitter:@KoyamaKazuki
CAMPFIRE Owners

Rimple(リンプル)

↑ ページ先頭へ ↑